八戸市水産科学館マリエント

文字の大きさ
標準
拡大
八戸市水産科学館マリエント
〒031-0841
青森県八戸市大字鮫町字下松苗場14-33

マリエント最新ニュース

年度別アーカイブ

2018年09月09日(日)白いウニが研究対象に!

 先日、アメリカのブラウン大学の矢島麻美子博士、お茶の水女子大 湾岸生物教育研究センターの清本正人准教授から依頼があり、白いウニのトゲ、管足をそれぞれ5~6本提供致しました。


両氏は、ウニの持つ色素の機能を調べるため、ウニの色素の合成に働く酵素(ポリケチド合成酵素、PKS)に注目し、PKSのような色素の合成に働く酵素の遺伝子がどうなっているのか、免疫系などでの色素の機能を明らかにできるのではないかと研究を行っています。






マリエントもこの研究に少しでもお役にたてればと思っています。
なお、白いウニは、現在も元気に水槽で皆様を(じっと)お待ちしております。

白いウニのトゲ、管足を採取する模様です。
八戸前沖水槽の白いウニを取り出します。
細くて、敏感な管足は、ピンセットやハサミが当たるとすぐに引っ込むので、取るのがなかなか
難しかったです。
トゲは、引っ込むことがないので、簡単にカットすることができました。
切り取ったトゲは、だいたい1本5~8ミリくらいでしょうか。
切り取った管足、トゲは、それぞれ別の容器に入れ、その日のうちに千葉県館山市にある湾岸生物教育研究センターの清本准教授あてお送りしました。
一覧に戻る
ページの先頭へ